QLOOKアクセス解析

白い薔薇によせて



いらしゃいませ。現在の閲覧者  名さま

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ボタン

「SS (二次創作小説)」
空白の二年間

マックス&ミリア の 他愛もない日常

常人離れした夫婦の楽しい毎日。この2人は私のネタ要員で、必ず「&」でセットです。
2011.8.30 UP


 マックスが帰宅すると、ミリアの歌が聞こえた。最近はパイロット仲間達に、色々と教わっているようだ。


♪ ズンチャチャ  ズンチャチャ


伴奏つきにレベルアップしたらしい。 この曲は、多分 ・・・

マックスは手を洗いながら聞いていた。食事を作るのはいつもマックスだ。ちなみに、洗濯もマックス、掃除もマックス、買い物もマックス。

♪ お魚 くわえた ・・・
ぜんとらサイズ
やっぱり日曜の夕方放送している、日本で最長寿アニメの歌だ。


 ミリアは家事が壊滅的にできなかった。戦闘ではあれ程の記憶力と頭の回転を見せるのに、何故か私生活ではどこかズレていた。彼女の担当は、朝刊を取り込む事とカーテンの開け閉めだ ―― ハッキリ言って小学生以下レベル。

♪ クラーリネット  パパからもらった ・・・


それでもそんな事でミリアの美点は全く損なわれることはないし、マックスはそんな彼女を愛している。今でも覚えている。目と目が合った時を。それは初めての 愛の旅立ちだった。 ←?

マックスは自分の直感を信じているし、それに裏切られたことは決してなかった。家事が趣味で万事に要領が良いマックスには、仕事との両立など ――

「 は? 」


♪ サザエさん おっお~かけてえぇ


「 しまった。 “ サザエでございま~す ” を忘れたぞ 」

ミリアが調子を変えて、何度も声マネをしているのが聞こえる。彼女は思い込んだら一本気だ。そこもまた、マックスには堪らない魅力で ――

「 “ サザエで ” ―― 違うな。これが歌の“ キモ ” なんだが 」

( 僕の気のせいか ・・・ )

やっぱりどこか違っている気がするのは置いて、マックスは考える。ミリアのどこが素晴らしいかと言えば全てで、挙げたらキリがない。それでも妻を賛美することは、夫の最大の楽しみだと思うから ・・・

マックスは超高速回転で妻の魅力をひとり語りして、納得しながらキッチンに入った。対面式のカウンターの向こうに、ミリアがポリポリしているのが見える。

「 お帰り、マックス 」
「 ただ今、ミリア。今日は早いんだな 」
「 うむ …… ちょっと、な 」
「 お菓子かい? 食事前に食べたらいけないって言ったのに 」
「 すまん。一条大尉があんまり嬉しそう食べてるから、つい 」
「 あの人も好きだからねえ 」
「 でも、マックスが作る物はみんな美味しいから、私は残さないぞ 」

ミリアが上目遣いですまなさそうにマックスを見ているが、その実 夫が自分を許すことを分かっているのだ。私生活でドロドロに甘やかされたゼントラーディ人は、地球ではそれが普通だと思っている。


んあッ! んッんん

「 うむ。これは得意だな 」


 今日の夕食は、朝のうちに圧力鍋で煮込んでおいた牛肉の赤ワイン煮と、マックス特製のディップを掛けたたっぷり温野菜だ。もちろん野菜はセイロで蒸した。ミリアが大好きな木の実入りゴマ団子と、フカヒレの茶碗蒸しも一緒で、豪華三段重ねだ。 

ポリフェノール、ビタミン、繊維質、抗酸化物質、コラーゲン ・・・ 。美しい妻のために、健康と美容を考えたメニューである。彼女の美を守るのは、自分の喜びだと思う。


♪ ある年の 夏の海で ~


小学校で習う “ ともだちの歌 ” という曲だ。ミリアにも最近そう呼べる人が増えて良かった。クローディア少佐や早瀬さんとは仕事で結構会ったが、彼女等も忙しくてゆっくり話ができないようだったから。


♪ 僕等は 知りあ~ぁたのさぁ ~


最近は同じゼントラーディ兵士だけでなく、地球人にも親し気に接せられている。時々ヘンな事を教えられて、ミリアが真に受けてしまうのが最近の悩みのタネではあるが ―― 別に悩んでないか。


♪ 燃える様な 太陽 が ~


やはり大戦中 ・ 後と苦楽を共にすれば、ゼントラーディ人であっても決して暴力的ではないことが ――

               
♪ ふたりを 丸焼き にした ~


( ―― 確かに、好戦的ではあるけどね )

「 おいで、ミリア。待たせたね 」


マックスはにっこりと笑うミリアの美貌に満ち足りた気分になり、美しい女性ひとの為にダイニングの椅子をうやうやしく引いた。

おわり

あとがき

単に替え唄が歌いたかっただけ・・・とも言う
「お魚くわえたクラリネットおっかけちゃった」の歌は、各々のメロディでスムーズに歌えます。「ともだちの歌」のような純心な音楽を、踏みにじる私は鬼畜 ♥

マックスはミリアを甘やかしている
という話。この2人ならお色気シーンも解禁だが、いくら振ってもネタしか出ない。

NEXT 「七夕の夜に ささやいて」
BACK 「Welcome to MACROSS! ~ようこそ マクロスへ!~」
スポンサーサイト
拍手ボタン

 Comment 

Re: 感想+アルファ:マックス&ミリア の 他愛もない日常 

こんにちは。お仕事は、私にしては順調です。ブランクがエライあるのですが「無駄に年をくったワケではないな」と体力・記憶力は落ちても、精神力や世渡りスキルは以前より上がっているのを実感しております。お気遣い、ありがとうございます (^.^)

重箱の隅をば…
あはは・・! 毎度あり~でゴザイます。脱字指摘、助かります!

「んあッ! んッんん」というところが、エロいセリフを言っているのかと
激しい愛し合い方ですねぇ(笑)。結構初期の頃に書いたSSで、今読むと分かり難いです。手直ししたいけど、今はガマンでございます。

なんでもマックスがやって、ミリアが家事では小学生以下なところが笑っちゃいました
7のミリアはかなり女王様だった感じがするので、恐らくマックスが大切にし過ぎたのではと想像。マックスは痒い所を代わりに掻く位に、尽くしてくれそうですしね。

当SSに初コメントを、ありがとうございます。実はシリーズ化するつもりだった話です。 e-68「では~」

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメント投稿覧
レス(お返事)は数日中にさせて頂きます。現在、トラック・バックは受け付けておりません
 公開する場合、コメント下「URL」からリンクが可能になります
 レスを非公開でご希望の場合、その旨とアドレスを記入下さい

 半角英数 設定すると、投稿後に修正・削除が可能です
 管理人のみに表示:  チェックすると、記入内容全てが他の閲覧者には見えません
 ※ 現在、非公開コメントの投稿は可能です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。