QLOOKアクセス解析

白い薔薇によせて



いらしゃいませ。現在の閲覧者  名さま

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ボタン

語り

マクロス再燃 むかしばなし

ぼぉやぁ~ よいこだ ねんねしなぁん~
  
   い~まも むかしも かわりなくぅ~



                まんが日本昔話




むか~し、むかし…

それは2ヶ月くらい前のことじゃった。
あるところに 「にゃお」 というおなごがおった。よせばいいのに、何故だか知らんが 「愛・おぼえてまんか」っちゅう昔話をタダの “さいと” で見てしもうた。

以来、あちこちの開祖まくろす “さいと” に入り浸ってもうたのじゃ。 “ぱそこん” とやらの扱いもあやしいのに、ナントまぁ、ついに5月下旬には某Yさまの屋敷に、物申しに参ってしてしもたんじゃぁ…。
 
こんっな小せぇ童の時 「愛おぼ」 見て、輝どんのめんこさにヤラれちまったんだ。そりゃ、30年近くたったらイチコロじゃぁ。んだども、同じようなモンらが “ぶろぐの里” にはいるもんで、安心して更に深みに嵌っちまった。

こうなったらもう手遅れじゃ。寝ても覚めても、輝どんと未沙どん…。こりゃいかん!とハラの中のモン吐き出すために、物語まで書き始めちまった。
そんでも、銭っ子だけは持ち出しちゃいかんと思ってたんだぁ。なんに、いつの間にやら何かある…。なんじゃ?これ。「ぱーふぇくと・めもりー」?

兄弟の 「まくろす・れい」 「まくろす・えふ」 (「七」 は五話くらいでトンズラ) にも足延ばしてみて、絵の美しさや開祖の “おまんじゅう” (オマージュのつもりらしい) には心惹かれたらしいが、やっぱ輝どんと未沙どんが “らぶ” で “もえ”なんだと。なんじゃ? “らぶもえ” って…。
お二人も、ほん~に厄介なヤツに惚れられちまったもんじゃのう。 

おぉ、くわばら、くわばら…。 

 
               ~ 或る、ちょっと耄碌した長老の語り ~


まんが日本昔ばなし(童のみ)

ちょっとこの童、未沙のペンギンを彷彿とさせる目をしていると思う。


スポンサーサイト
拍手ボタン

 Comment 

コメント投稿覧
レス(お返事)は数日中にさせて頂きます。現在、トラック・バックは受け付けておりません
 公開する場合、コメント下「URL」からリンクが可能になります
 レスを非公開でご希望の場合、その旨とアドレスを記入下さい

 半角英数 設定すると、投稿後に修正・削除が可能です
 管理人のみに表示:  チェックすると、記入内容全てが他の閲覧者には見えません
 ※ 現在、非公開コメントの投稿は可能です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。