QLOOKアクセス解析

白い薔薇によせて



いらしゃいませ。現在の閲覧者  名さま

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ボタン

「SS (二次創作小説)」
Macross IF

遥かなる旅路の果てに ~ Age 28 ~

 SS「すれ違う時の果てに」の、未沙 side です。未読の方はそちらを先にお読み頂くと、概要が掴めます。引き続き、設定は「輝と未沙が別れていたら」です。


空に舞う風船


「 MEGAROAD - zero one 発進! 」


 多くの人々に見送られ、移民船1番艦は旅立った。子供達が放った風船と、VF-1が散らす紙吹雪の中を、移民船団は威風堂々と浮上する。ブリッジの壁前面を占める透明スクリーンが、それら色取り取りの華やぎで彩られた。

 地球の未来と希望を担う箱舟、メガロード-01。艦長の早瀬未沙はキャプテンズ・シートから立ち上がり、そんな期待の嵐の中を歩んでいった。

  ( 何の連絡も無かった )


 鋭利な瞳を見せる彼女の心を占めるのは、大任への気負いでも不安でも無い。成すべき責務を見定める淡々とした感情と、そのずっと奥底に沈む感傷だ。

 輝とは去年末以来、顔を合わせていない。電話すら、ない。もし1度でも彼が追ったのなら、今ここに自分はいなかったかも知れない。


それが、彼の気持ち


 彼を想うだけで、私の中でキラキラとしていた心。 徐々に鎮めていった輝きは、やがて不確かな灯になり ―― そして今、最期の光を放って消えた。

 伏せた瞳を前に向け、顎を上げる。艦長帽を被り直し、全艦放送のスイッチを入れた。

「 艦長の早瀬です。本船団は、無事 宇宙空間へ出ました 」


さようなら


「 往きましょう、共に。新しい私達の星へ 」

 未沙の ―― メガ・ロード全員の長い戦いが、今 始まった。

2013.1.5 UP
2015.12.26 改訂


After 6years・・・


 未沙は総司令主席補佐官との話を終えると、手許の資料を入れ替えた。フォールド通信室内は、紙の音とスピーカーから時折混じる雑音のみだ。

 資料同様、既に意識を次の会談相手へと切り替えていたが、クローディアの声が割り込む。

『 未沙。ちょっと、いいかしら? 』
「 次の時間までなら 」
『 そんな仕事の鬼の顔、私にしないで頂戴 』
「 ―― ごめんなさい。私、相当に余裕を失くしてるわね 」


 自身の瞳の鋭さに気付き、未沙は謝罪した。きちんと目を合わせて見れば、クローディアの表情も声も、自分への気遣いに溢れているのを感じたはずなのに ―― また、やってしまった 。

 未沙は最近特に感じていた己の問題に思い至り、クローディアに謝罪した。移民星探査の段取りにも慣れ、これからはフォールドが頻繁になる。そうすれば、再び神経を削るような日々が始まるだろう。

『 実は一条君の事、なんだけど 』
「 ええ 」

 言いにくそうな様子。あれから地球では、1年が経っている。芸能関係のニュースも、軍内の噂話も知らないが。予想していたことだ。

  ( 彼女と、結婚するのね )

『 良くないのよ、ちょっと 』
「 え? 」
『 と言うか。実はかなり、 ね。 生活が荒れてて、仕事にも支障をきたしてる 』
「 荒れてるって、どういう事? 」
『 遅刻したり、良からぬ所に出入りしてたり 』
「 良からぬ所? 」
『 要するに、繁華街なんかに朝まで入り浸ってるらしいの 』

 そんな人では無iいし、増してや仕事には真面目に取り組んでいた。彼自身が言っていたのだ。


俺は、そんなしか取り得が無いからさ


 彼の恥ずかしそうな ・ でも、どこか誇らし気な笑み。

「 なぜ、そんなことを 」
『 あなたがいないからでしょ 』
「 まさか。あの子ミンメイがいるじゃない 」
『 全然みたいね 』
「 彼女は芸能人だわ。噂が立たないように、秘密にしているだけよ 」
『 一条君は、会ってないと言ってた 』

 嘘は苦手な彼だったが、大切な人の為なら努力するだろう ―― 未沙はそう考えて、背をイスに預けた。何故、彼は変わってしまったのか? “ 荒れた ” 輝など、想像もつかないが。 気まぐれな所がある女の子だったから、思うようにいかない恋路に苛立ちが募ったのだろう。

「 それで? 」
『 また勝手に、1人で結論づけているのね。斜に構えないで、私の言う事を聴いて頂戴 』
「 私に、どうしろと言うの 」
『 一条君から何度も通信が来てるのに、1度も応えてないんですってね 』
「 色々と忙しくて 」
『 あなたの気持ち、私なりにだけど分かるつもりよ。だから黙ってた。けどもう、そうもいかないの 』

 しくり、と心の傷口が痛む。なのに。それなのに ・・・ ! 今でも鮮やかに浮かぶ、彼の笑顔。

「 何かあったの? 」
『 今のところは無事ね。でも、いつ事故を起こしても、おかしくないわ。 幸い回避できたけど、バルキリー隊では不安がられてる 』
「 大隊長は? 」
『 生活を改善しないまま目に余る行為があれば、次は辞めてもらうって 』

ありえない! ありえない!

「 ミンメイは、何をしてるのよ! 」
『 歌手に復帰してるわ。それに一条君は、彼女を避けてるし 』
「 だって、2人は ・・・ 」

 あの雪の日に、本来あるべきだった形に結ばれたはずだ。だから未沙は、遠く離れた宇宙ここにいる。軍人と歌手という道は分かれても、あれ程に惹かれ合った2人なら。 輝なら、乗り越えられる。

『 未沙。一条君は、あなたを愛してるの 』 
「 私は見たのよ 」

 クローディアの言葉を、一笑にふした。見たのだ。2人が幸せそうに暮らしているのを。そんな未沙に、クローデイアは慎重に話を繋ぐ。言わずに飲み込んだ言葉を、今は告げられない。自分が共に歩めなかった、未沙の6年間を否定するかも知れないから。


『 ミンメイとの間には、何も無かったのよ 』
「 それも、彼が言ったコト? 」

 意図せず口の端が吊り上がり、自分でも嫌になるほどの皮肉さだ。だって、わらってしまう。嗤ってしまうだろう。彼の幸せの為に身を引くとか。これ以上自分を傷付けたくないとか。そんな、綺麗で人に解ってらえる感情だけで、この年月を生きて来れた訳では無いのだから。


『 あなたがそう言うのも、彼を信じられないのも、分かっていて言うわ。未沙、一条君と会って 』
「 やあね、クローディアったら。もう私に会える訳がないじゃない 」
『 誤魔化さないで。分かってるでしょう? 通信でいいからって事 』
「 でも 」
『 彼を許せとは言わない。慰めて欲しい、とも ―― ただ、私を信じて 』
「 クローディア ・・・ 」

 生涯の友だと、誓った相手だ。恋に裏切られても、人への信頼の心を失わせないでくれた友情だ。仕事でも私生活でも、支えてくれた親友。

「 分かった 」
『 ありがとう、未沙 』
「 ううん。ごめんなさい。あなたは私の親友なのに 」
『そうよ、私達は親友。そして、一条君はロイの大切な弟分。その一条君には、日々の目標が出来るわ。あなたと話すっていう 』
「 それが、目標? 」
『 ええ。大きな、ね。あなたと引き会わせられるくらいまで、ちゃんと私が立ち直らせてあげる。対価は当然、本人に支払ってもらうけど 』


 クローディアの瞳が、安堵から強い意志を秘めたものに変わる。彼女がどのように “ 立ち直らせる ” つもりか分からないが、未沙に約束を取り付けられて見通しが付いたようだった。





『 未沙。一条君に、昇進試験を受けてもらう事にしたから 』

 業務通信の後、私的な会話の時間を持った。かつて昇進は実績だけで決められていたが、今は試験に合格しないと出来ない。試験には所属長の推薦と、本人の硬い意志が必要だ。

「 そんなの、受ける訳がないじゃない 」
『 やってもらうわ。そうしなければ、あなたに近付けない 』
「 どうして? 」
『 一条君に、 “ 移民船支援室 ” への転属を勧めたの 』


 それこそ、昇進試験以上に有り得ない。飛行機に乗る為に軍にいたと言っても過言でない彼が、あんなデスク・ワークだけの部署など望むはずもない ―― 輝には、いつまでも空を飛んでいて欲しい。

「 パイロットを降りろってと言うの? ダメよ。絶対にダメ 」
『 対価は支払わせる。そう言ったでしょう? それに支援室で艦長とやり取りできる階級は、少佐以上だわ 』
「 輝から、空を取り上げないで! 」



まっ、俺は飛ぶことしか取り柄がないから

飛んでるとさ。オヤジや先輩と話してる気がするんだ


『 それを決めるのは、あなたじゃない。彼よ 』
「 そんな事しなくても、プライベートでちゃんと通信を受けるわ。だから ――
『 私が! 許せないの。この現状が。あなたを傷付けた事が! それに、信じさせて欲しいの。私に、一条君を 』
「 クローデイア ・・・ 」
『 あなたは、ただ一条君を待っていればいい。代わりに私が、あのボウヤのお尻を叩いてあげるわ 』
「 クローディア! 」
『 じゃあね 』

 何度も通信スイッチを押したが、応答はなかった。最後はウインクで明るく終わらせた彼女だが、クローディアの中でもまだ輝と未沙との事が終わっていなかったのだ。自分達を温かく長い目で見守って来てくれていた親友に、ただ申し訳ない。


 そう思いながら、次の会談の準備を淡々と進める。気持ちと行動を切り離すのは、もう慣れた。
しかし ――

  ( 会うの? 本当に、会えるの・・・? )

 異なる時の遥か彼方から、彼の幸せだけを願えれば良いと思っていた。それが自分の恋だし、生き方だと。それなのに今更、輝と会えるのだろうか ・・・ ?


「 メガ・ロード-01 艦長、早瀬です 」

 未沙は新たな通信のスイッチを入れながら、冷えた指先の震えを止める事が出来なかった。


To be continued ・・・

あとがき
二次創作のIFというのは、それ自体が受け入れられないファンもおられるかと思います。増してや別れ設定なら、尚更でしょう。SS「すれ違う時の果てに」は私としては気に入っていたのですが、拍手数に見るに「ウケは今ひとつ」という評価でした。けれど幾つかコメントを頂いて、好みに合う方には印象的だったのかと思い、続きを書く事に致しました。シリーズ化に伴い、全体概要に当たるSS「すれ違う~」を「すれ違う時の果てに ~ プロローグ ~」と改題し、少しだけ修正しています。話を練っていないので、今後は書きやすい部分からの順不同なUPになるかと思いますが 「宜しくお願いしま~す」

2015年12月26日 改訂
シリーズ化の為に見直し、状況や未沙の気持ちを一部伏せました。
スポンサーサイト
拍手ボタン

 Comment 

Re: NoTitle 

老眼と肩凝りがシンドくて、スマホで長文は・・・ ^^;
励ましのお言葉を、ありがとうございます (^^)

NoTitle 

そんな勿体ないです!
是非スマホでやりましょう!
待ちきれません~~~

Re: NoTitle 

この話、お好みですか! 良かったです (^^)
PCを修理に出したものの不安定で、どうもオシャカになりそうなので、ブログの再開は現在未定になってしまいました…。頑張って働いて、お金を貯めますので、時々遊びに来て下さると嬉しいです。

NoTitle 

やっぱりこのお話の続きが読みたいです!!

お早いご復帰を心待ちにしております。

Re: はじめまして 

はじめまして、にゃおです e-68
ご訪問 & 初コメントを頂き、ありがとうございます。

ノベルの続き、ぜひ読みたいものです
嬉しいお言葉、ありがとうございます & すみません。私も「早くブログ、再開したい~!」と思っておりますが、ナカナカに人生の転換期とPCの世代交代に差し掛かっていまして…。でも絶対にまた書きますので、気長にお待ち頂けると嬉しいです。停滞中ブログではありますが、これからもどうぞよろしくお願い致します。

はじめまして 

ネット検索していたら偶然にココへたどり着きました。
ノベルの続き、ぜひ読みたいものです。

Re: わあ! 姉妹サイト! 

くまおサン、こんにちは! 私は元気でありますが、詰め過ぎた予定を減らしている所です。ブログをやろうにも、途中でヘバッてしまって。おまけにPCが急にカメさんで、買い替え時期かも知れず、一生懸命働かねばなりませぬ。

姉妹サイト
うふふ・・。ご覧頂けました? にゃお版「未沙のアルバム」その1です。彼女のオトメ思考やノロケを描きたいな、と。「おやじメモリー」とは(笑)。プロフィールの「夫と女の子」は、1人で萌えながら書きました。
Misya「あら・・? 何となく誰かに見守られている気が ―― お父様?」
ちょっとチガウけれど、おやじ電波を感じているようです (^.^)

東京進出計画
ご案内できるのを目指して、イイ店お探ししときやす。コッチの夏は、暑いです~~ e-260 熊谷なんて天気予報で「ゲゲ~~ェ」と見てしまう程、熱っつい地域ですよねぇ。原画展の全国行脚、第3弾ですか。愛・おぼ上映とは。最近マクロスの情報を収集していないので、教えて頂きありがとうございます。

そちらは、まだ冬なんですね。昔行った6月?の北海道の、初夏の爽やかな風が懐かしいです。 e-68「したっけ」

わあ! 姉妹サイト! 

 にゃおさま お元気でしょうか?

 ここに記載させていただきます。

 姉妹サイトが立ち上がっているじゃないですか。
 最初はおやじメモリーでは閲覧して意味がわからなかったのですが、なるほど、納得、未沙運営のブログですね。
 プロフィールも感心してしまいました。
 「読書と手芸が趣味で、 ヘタですが写真も少々 家族は、夫と女の子が1人です」
 Misyaさんにくれぐれもファンの一員として、よろしくお伝えくださいませ。

 東京進出計画ですが、マクロスイベントがある時に併せていきたく、熊谷の原画展の時期なんかいいかなと思っております。
 しかしながら、かの夏の暑さは道産子は全く太刀打ちできませんので、少々ずれるかも知れません。
 愛・おぼの映画上映も5月にあるようですので、今年もマクロスイベントたくさんありそうな雰囲気で、楽しいですよね。

 まだ、こちらは雪が50センチほど積雪深があります。今年は寒いせいか雪融けが遅れております。今日も雪が舞っております、何時になれば桜が咲くことか・・・。
 季節の変わり目ですのでご自愛のほどを。

 また、遊びにまります。
 当方のブログにも遊びにきてくださいませ。

 では、したっけ!

Re: IFは、波長が合いません。 

de様、こんにちは。遠方?へのお仕事、お疲れ様です。

波長が合いません
好きずき、ありますよね。続編も書く予定なので、「合わないなぁ」と思ったSSはお避け頂くとよろしいカモ。

心に宿った大事な人物の姿は換えようがない
ん~? 「未沙の、輝に対する想いが変わった」と、SSを読み取られたのでしょうか。頂いた文の解釈が違っていたら、すみません。このIFで未沙は他の男性と結婚しますが、輝に対する愛情はあると描くつもりです。もし宜しければ、お付き合い下さいませ e-68「では~」

IFは、波長が合いません。 

東北の仕事で留守にしていました。
  前回のコメントをまた読んだところ、違和感が湧いてきました。
 やはり、私にはこのIFは波長が合いません。
 受け取る人それぞれでしょうが、一旦、心に宿った大事な人物の姿は換えようがないのです。
      これにて失礼します。

Re: 「やっと搭乗します」様 

敦賀屋バボ様、こんばんは。未沙は遠く彼方へ、飛んで行ってしまいました ・・・ 。おっしゃる通り、輝は人生修正不能です e-351 密航しちゃって、色々と目撃報告して下さいませ。

私にしては少々遅レス、すみませんでした。今後もこんな感じと思って頂けると。今年もどうぞ、よろしくお願い致します e-68

やっと搭乗します 

…目がロード、飛んじゃった(・_・;
輝もバボも 乗りそびれちゃった orz
輝も未沙も なにやら ゴッツイ(でっかい)人生の分岐点間違いをしでかして、人生修正不能になりかけてるなぁ (  ̄▽ ̄)

未沙も輝も、一度は本気で人生の選択肢判断を下す年齢に来てるし、ここからは
書き主のSSの見所! 食らい付いて待機しますぅ
いざとなれば、輝の荷物に紛れ込んで 密航しちゃおっと♪

Re: 「お久しぶりです」様 

お早うございます (^^) お正月は、年越し・おせち・実家・初詣・等々、月並みですが、良い年越しを致しました。本年もどうぞ宜しくお願い致します e-257 原画展は行かれたのでしょうか? 図録の目次横の絵が輝なのか、が気になっていて・・・。

自ら身を引いてしまった未沙
有り得そうですか? ヨカッタ~。IFという事で設定は違えど、キャラはオリジナルを踏襲したいと思っています。輝sideもある程度イメージはできているので、いずれUPできればと思っております。
 
ミンメイ
彼女の心の内も、何となく思い描いております。「輝に甘えたい。結果二人はギクシャクしミンメイも歌手としての大成はない。輝の依存から抜け出さないと駄目」そうそう! おっしゃる通りの展開で、このIFでは描いています。

クローディアが素敵です
大人で度量がある彼女も、時には感情的になるだろうと思います。坊やに喝と救いを与えられるのは、彼女だろうと思いました。クローディアsideはこのIFでは考えてなかったですが、各キャラsideの話を主要メンバー分は書きたいと野望を抱いております。

東京の大雪
ご心配を頂き、ありがとうございます。ダンナの出勤時間を早める程度の影響はありましたが、他は楽しいイベントでした。子供はおニューの長靴を履いてご機嫌でしたし、雪景色がとても綺麗でした。でも雪かきや事故など、大変な人達は多くいらっしゃったようですよね。更新はストップしていますが、お蔭さまでコメント語りで楽しませて頂いております。 e-68 「また~」

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 妻には怒られております 

やべぇ・・・
「言わしてもらうけど」って、結構キてません!? 私ならブチ切れる手前に出る言葉かなぁ…。代わりに奥様のお手伝いに心掛ければ、プラマイ・ゼロでマクオタを続けても見逃してもらえるかも e-68

食堂車でワインとチーズ
いいなぁ… (^.^) 西村京太郎、懐かしい~。中学生の頃に読みました。 e-68 「では!」

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 「IF始まりましたね!!!!」様 

あまみ様、こんばんは (^.^) 「!!!!」と気合の入ったタイトルを、ありがとうございます(笑)

今後の展開が楽しみでなりません!
IF、歓迎ですか! ヨカッター。うれしー  決してラストは一般的なHappyではないと思いますが、それでも この状況なりの彼等らしい形で迎えさせてあげたい、そう思っております。

応援しております♪
「あ゛り゛がどゴザイバズ」e-259 滂沱 ズビズバ

Re: 「現れました!」様 

くまおサン、こんばんは (^^) そのスマホ画面、私も気に入っています。ありがとうございます。

多角的に楽める作品
ですよね。キャラ、メカ、SF、歌、等々、お楽しみポイントが幅広いです。

じっくりお待ちしております
ありがとうゴザイマス e-420 少なくとも1~2月は、ブログは半分放置状態になるかと。コメント・レスだけは、細々と継続したく思います。

ファンの期待を裏切る作品は、自分だけで楽しみますね
私の感覚は一例に過ぎないので、余りアテになさらず…。

ハンカチ持って来なかったというセリフは、彼女の気づかいが滲み出ている
うわ~。その解釈、思いも致しませんでした。ナルホド。男性だから そのセリフの優しさに、お気付きになれたのかも。男性視点の解釈、参考になります。ビバ・マリアのシーン、切ないですよね。クローディアらしい幸せを描けたら、と思っております。

くまおサン、張り切っていらっしゃいますね~ 賢いしっかり者の奥様に、呆れられないように e-68

IF始まりましたね!!!! 

改めまして明けましておめでとうございます!
楽しみに待っておりましたIF、再開ですね★
今後の展開が楽しみでなりません!

どういう結末になろうとも、二人が決めた結末であり、にゃお様が綴られた結末、手に汗握りながら、まっております^^
無理せず、納得のいくように綴られてくださいね!
応援しております♪

現れました! 

エゾ地より、訪問させていただきます!
スマートフォン版、コーヒー豆とラテアートのハートが大人の感じで、とても素敵です。

TV版のマクロスを一話から観はじめております(何回目かは不明)、その行動を既に家族は諦めています。
マクロスはやはり何度見ても多角的に楽める作品です!
あの当時、熱狂的なファンが数多くいて、支持されたのも納得です。

SSでは、重たく、哀しい内容が個人的には好きなのですが、書いてみると、本当に疲れますね。
余裕がないと仕上げられないので、にゃおさまへファンは、じっくりお待ちしておりますので、安心してください。
なるほど、ご意見は尊重して、ファンの期待を裏切る作品は、自分だけで、楽しみますね。

クローディア女史ですが、チャイナ・タウンで、フォッカー氏とのイチャイチャシーンがありましたが、もう少し見たかったですね。
レイニー・ナイトでは、宿舎前でのフォッカー氏の本音=愛の告白であり、クローディア女史のハンカチ持って来なかったというセリフは、彼女の気づかいが滲み出ていると思います。
本当に好きになったというクローディア女史は、美しい心の女性です。
未沙と同じ綺麗な魂を持っおり、友人になるのは、当然かと思います。
ビバ・マリアで、寂しく泣く彼女、どうか、にゃおさまのSSで幸福にしてあげてくださいませ。

では、明日から関西ミッション発動します。

Re: 「焼けぼっくいに火?」 

成長したはずの彼らが迷っている?
決着を付けないまま、という不確さ感は、自信の無さや不安感に繋がる気がします。だから例え成長していても迷うし、だから「時間を戻したような気が」するかも ―― なーんて、言い訳してみました(笑)

どうやってミンメイを帰そうかな、と考えている風にも見え
輝の表情が冴えなくて、ミンメイに対しているのに素っ気ない感じがしましたよね。私には、ちょっと迷惑気にすら見えました e-440 「ニマリ」

ミンメイは ・・・
彼女視点は、また余り浮かんでいないんですよね。ただ輝への依存が晴らせずに、成長のきっかけを逸した。だから歌手として振るわない、という設定はあります。

IFは、効果的ですね。
そうですね。同じ人物だけれど状況が違った事で、オリジナルと異なる言動をとる。言動は違っていても、人物像は変わらない。その辺りを重視して、書いています。

ストーリィ書きたいという”虫”が騒ぎ始めています
ごめんなさい~~ e-260 実は私生活の方が多忙になり、体力・気力的に大作系は読めない状態なのです。だから1月半ばと申しましたが、もっと遅くなりそうです e-68 「お許しを~」

焼けぼっくいに火? 

なにやら、成長したはずの彼らが迷っている?
 そんな感じですねえ。なんか、無理矢理に時間を戻したような気がします。
 男としては? 輝君は成長していますね。先輩や部下の死に泣いた彼が、
 前を見ていると思います。
 だから、39話の輝君は好きじゃないですね。
 (どうやって、彼女を帰そうかな)と考えている風にも見えます。
 一番成長していなかったミンメイは、目の前で同じ「軍人」の眼をした彼らを受け入れるしかなかった。自分の「迷い」を振り切る時だと思ったのでしょうか。
 IF(もしも)は、こういった自分の中で固まった見方の「彼ら」を見るに、効果的ですね。

  なにやら、「メガロード」ストーリィ書きたいという”虫”が騒ぎ始めています。ホームドラマにしたいですね。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 「気になっていました」様 

ぱよぷー様、こんばんは! 

ハッピーエンドになるような
ハッピーとは言えない・・・(汗)。ウチでは「輝は未沙を好き」という点だけは、外しません。「未沙は、そーじゃない」は有るんですが(笑)。

ちょっと事情でリアルが落ち着かない状況で、ぱよぷー様宅に余りお伺い出来ていないのですが、まとめ読みが好きなので溜まっていて下さるのを楽しみにしております e-68 「また~」

気になっていました 

にゃおさんには珍しいun happy endのお話だったのですごく気になっていました。
続きを未沙サイドで書かれるということで、楽しみです!
おまけにハッピーエンドになるようなコメント有りで、今からワクワクしています。
ではまたお邪魔します~。

Re: 「すれ違った二人」様 

明けまして、おめでとうございます。昨年は、お世話になりました (..)

未沙の本質
ありがとうございます。軍人である事へ葛藤の、具体的な彼女の言葉は少ない気がします。36話の「私は軍人だもの」だったかな?くらい? 父上は入隊させる気は無かったようでしたが、きっと彼自身が軍人としての姿勢を教えていたのでしょうね。

「自業自得」「お仕置き」
ですよね~。えっ!? 未沙もですか? うん、もう e-348 「イケズ」

クローディアの葛藤も良かったですよ
ありがとうございます。彼女は他人の気持ちが分かり、大人の行動がとれる人なので、ドラマティックに盛り上げてくれます。

輝が未沙を取り戻すIFのお話も、実は一番心待ち
シリーズばかりが増えて、全然進みません。脳内では大まかに在るんですが。e-68 「お待ちになってて、下さいね~」

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 「以前よりこのIFは気になっていました」様 

こんばんは。早速拝見させて頂いて、おりますよ~♪

どんな状況下でも、最終的に二人は結ばれる運命にある
ですね。いわゆるラブラブ・ハッピーではありませんが、その予定です。

通常の二次創作ではありえない超アダルトな展開もあり
超は行きませんが、ややアダルトを掠る予定です。

ご心配を頂き、ありがとうございます。一応、読む・読まないを選択頂く、事前告知は徹底しようと思っています。その上でおっしゃる杞憂があるようなら、その時はその時というコトで

今年も、どうぞ宜しくお願い致します e-68

Re: 「改めまして、明けましておめでとうござます」様 

こちらこそ、重ねて今年もどうぞよろしくお願い致します (^^ゞ

「すれ違う時の果てに」が一番お気入り
まぁ、ありがとうございます。嬉しいです。

ファンの期待を裏切るSS
いやぁ ・・・ 率直に申し上げます。頂いた設定のみの情報での判断ですが、私は拝見するのを避けるなぁ・・・ e-351 正直、そこまでいくとトラウマになりそうです。

クローディアは、未沙の親友かつ戦友
ですネ。人生の戦友です。「橋渡しできなかった懺悔」と言う程に暗い気持ちでは無く、「後悔」くらいかな?

風邪は流行ってますよねー。ウチでもオット・子の2人が咳・鼻です。e-68 「お大事に」

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメント投稿覧
レス(お返事)は数日中にさせて頂きます。現在、トラック・バックは受け付けておりません
 公開する場合、コメント下「URL」からリンクが可能になります
 レスを非公開でご希望の場合、その旨とアドレスを記入下さい

 半角英数 設定すると、投稿後に修正・削除が可能です
 管理人のみに表示:  チェックすると、記入内容全てが他の閲覧者には見えません
 ※ 現在、非公開コメントの投稿は可能です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。