QLOOKアクセス解析

白い薔薇によせて



いらしゃいませ。現在の閲覧者  名さま

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ボタン

「SS (二次創作小説)」
Macross After

Dear My Papa!

前々から書こうと思っていたネタです。




「 じゃあ、行って来るわね 」
「 気を付けて。ん 」


 玄関先で輝と未沙が、“無事に帰ってネ ・ くるワ ” のキスをする。今日はしばしの別れに、ちょっぴり時間が長いようだ。



Dear my Papa!
秋桜 -コスモス-
花言葉 「少女の純真」 「真心」 



輝の腕には、1歳を少し過ぎた未来が抱かれていた。


 未沙は出産前後の自宅勤務から、徐々に会議などで軍基地に出るようになった。1ヶ月前からは時間短縮勤務を明け、本格的に復帰するようになり、今日が初めての夜勤だ。

軍内の保育施設は充実していて24時間対応だが、2人はなるべく自分達の手で未来を育てたかった。そのため勤務時間が重ならないようにシフトを組み、交代で未来に付いてやれるようにしていた。
代償として、輝と未沙は擦れ違いが多くなってしまってはいたが。


「 夜は大丈夫かしら ・・・ 」
「 未来はパパと、2人でお留守番できるよな~? 」
「 う ~ ! 」


 未来は離乳食も完了し、母乳がなくて困る事はない。今までも未沙の勤務の時は輝が一人でみていたし、子煩悩な彼は子育てもそう苦ではないようで、安心だが ・・・。


(一晩なんて初めてだから、私がナーバスになってるだけね)

「 ママ、行ってらっしゃ~い 」 「 ぷ ~ ! 」


 輝と未来が並んで “バイバイ” と手を振るのに返しながら、未沙は後ろ髪を引かれる心配性の自分を諌めた。


手袋人形(MADE BY 未沙)あそび
Dear My Papa!
ひ「ボクたちで、ダレがいちばん スキぃ~?」
み「ぶーーーっ !!」
ひ「ブーって、それブタじゃなくてイヌだぞ。 女の子ならウサギにしなさい」 ← 父ばか


「 未来~、マンマの前にキレイキレイな? 」


 未沙が用意した食事をレンジで温めている間に、おむつの交換。高速ハイハイ&ヨタヨタ歩きの未来は、昼間のおむつを、オープンタイプからパンツタイプに代えた。何故かと言えば ・・・。

「 こら、未来! まだノーパンだ 」
「 うきゃきゃ 」 
「 おい、こら! 」


横に寝させられるのがイヤで、すぐ身をよじってハイハイで逃走するからである。しかし今日は折角のパンツも、いつの間にか引っ張りだした未来がビリビリと破いて全滅だった。多分両親が使用後のパンツの両脇を破いて、丸めた部分をしばっているのを見てマネたのだろう。幼児のくせに、すごい力だ。


「 ちょ、出すな! あー、食うな! 」
「 あむあむ 」
「 こ・れ・は、マンマじゃ、ない。ホラ、べーして、べー 」
ぶぅえぇ~~~
「 そうそう、んぶぅえ~


 用意しておいたティッシュを目ざとく見つけ、早速イタズラ。箱の中を全部を引っ張り出すのが、未来の今一番お気に入りの遊びだ。

輝は未沙のように、立ったままの未来にオープンタイプのおむつを着けるなどできない。足首に未沙お手製のヒヨコ付きバンドをはめ、横になった未来がそれをいじっている間に装着だ。



Dear my Papa! 



「 オマタもさっぱりしました。次はお手々、っと ・・・ 」


 輝がお手拭きタオルを取って振り返ると、未来が子供イスの背もたれにつかまっている。何やら子供らしからぬ、難しい顔 ・・・。


「 ア、アレはっ ・・・! 」


ホンワカ薫る、香ばしい匂い – にほい - ・・・。


   
ウン ですか ・・・ 」


 輝がまた未来を寝かせて「う~わ~~! 足を動かすな! ヒヨコにウンが付く、ウンが!」とやっている間に、レンジのマンマはもう冷めていた ・・・ 。



               



 食事をトレーに乗せ、輝は子供イスにお座りしている未来の前に並べる。食事用エプロンを掛け、スプーンも手に持たせてやる。


「 未来 ~、ウマウマだぞ ~ 」
「 んぶぅ ~! 」
「 ふーふー、熱くないかなぁ? 」
「 あぶぅ ~! 」
「 ・・・  ・・・ 美味い! 未来のママはお料理上手だなっ? 」


未来はまだ基本手づかみだ。ダシ汁で柔らかく煮たスティック状の野菜を握り、ちゃんと口に運んでいる。

―― そう ・・・ お腹がすいてる間は。


「 みぃ~~くぅ~~う? 」
「 あう! 」


 未来が落とした物を拾おうと下を向いた輝の髪から、ボタボタと汁が垂れる。味噌汁のお椀が頭を滑って、床に落ちた。更になすり付けられる、握り潰した具 ・・・ 。


「 食べ物で遊んじゃ、イケマセ  パパでも遊んじゃメッ!
「 ぷ ~~  」


 ウマイのにぃ

 モッタイナイ

 くぅえ~~!



輝が取り急ぎ髪を拭いて部屋に戻ると、未来は難しい顔で立っていた。辺りに漂う、香ばしい ・・・


「 マンマの次は、コッチの具ですか


ちゃぽん かえる&あひる


「 ♪ ババンバ バンバンバン  あ~コリャコリャ 」


 味噌汁クサイ頭を洗い、今は得意のお風呂入れ。ご機嫌になった輝からは、鼻歌も飛び出すというもの。未来も頭にタオルを乗せてもらい、お気に入りの「あ~コリャコリャ」でキャッキャと笑い声をたてる。

輝は浴槽内で膝に未来を挟み、タオルを水面に広げた。


「 未来~、アワボワンするぞ~ 」
「 ぷ~~ 」
「 ああ、またジュウするぅ~ 」


 輝は空気を含ませたタオルのヘリを絞って水面に沈め、水中で広げて大きな泡をボワンとしたのを未来に見せたかった。しかし未来は少し沈めたタオルを握り潰して、ジュワッっと泡立たせるのがお気に入りだ。

輝は昔よく父親とやった遊びが思うようにできなくて、ちょっぴり不満だった。


 未来  その顔はダメだっ! 」
「 んん~~~ 」


 一度浴槽の中でされて、大パニックになった前科が未来にはある。しかしダメと言っても止められる訳もなく、輝は先程に続いて、更なる悲劇を覚悟した。


ポワン ・・・ ❤


「 んはーぁ 」
「 ・・・ オナラかぁ wwww 」


 ホッとひと息し、風呂を出た。いつもは出した未来を未沙が受け取ってくれるが、今日はひとりだ。

初夏とはいえ今日は妙に寒い。5・6月頃には数日そんな日がある ・・・ という(メガ・ロード気象部の)設定らいしい。

湯冷めをさせないよう、マジックテープで首元や両脇を留めたタオル・ポンチョを手早く着せる。浴室を出てすぐに置いた子供イスに座らせ、気を反らすのも兼ねて飲み物を渡す。そのスキに輝が急いで自分の体を拭いたり、未来の髪の水気をよく取ったりするためだ。

一人でできるよるよう、ちゃんと用意しておいたのだ! ← 未沙が


うわーー! 未来、パンツを被るな、パンツを! 」


 輝のパンツはビショビショで、Tシャツ1枚にフルチン ・・・ という情けない格好で、替えを2階の寝室に取りに行った。未来の湯冷めが心配で、輝の方がファ~~クシュン!!」 だ。



         



♪ ねんね~ん ころ~り~よ おこおろ~り~よ~


 輝は未来に添い寝して、ゆっくり胸をポンポンとする。未来はホニャホニャと眠りかけているが、いつも夜はいる未沙がいないのが落ち着かないのか、なかなか眠れないようだ。


♪ み~ぃくちゃんはあ~ おりこさんだぁ~ ね~んこ~しな~


未来の全てを長時間担ったのが効いて、輝もすっかりオネムだ 
しかしポンポンを止めると、すぐ未来は起き出してしまう。しまいにはポンポンしても、お座りして泣き出した。


「 未来~、もうネンネしよう? 」
「 う゛~~~っ 」
「 パパ、ねんこしたい~~ 」


 グズリ出したら、もうおんぶしないとダメだ。輝はおんぶヒモを胸バッテンで着けて、未来をおぶる。バッテンは抱っこせがみが激しい時期に2人で留守番した時、両手を空けるために覚えた。

その上に布団代わりの半纏 -はんてん- を引っ張り出し、着込む。
未沙が、未来の夜泣きがひどいに時していたスタイルだ。もうすぐ夏のこの時期だが、気象部の配慮?で今日は涼しい。

困った時は未沙のマネをする事しか、方法を知らない輝だった。



「 あ ~ ん あ ~ ん 」

♪ み~くちゃんはぁ おりこさんだぁ~ ねんこ してぇ~

「 まー、んま ・・・ っ 」

♪ パパちゃんもぉ おりこちゃんだぁ ねんこした~ぃ


 眠気で頭がオカシクなるにつれ、歌詞もオカシクなっていく ・・・

自分の眠い気持ちを分かって欲しくても、いくら自分の子でも、相手はまだ赤ちゃんを卒業したばかりだ。輝がどんなに頑張っても心を込めても、分かってくれようもなく ・・・ 。

「寝たかな?」と思って未来を布団に降ろそうとすると、起きて泣き出すのだ。そろ~り、そろ~り、と寝かせた未来から手を離し、もう少し! と言う所で ――



「 ふぇ ~ ん! 」


「 ふえ ~ ん ・・・ パパも泣きたくなってきた 」


Dear my Papa! 泣いている未来をおんぶして半纏を羽織る輝
「 み~た~な~ぁ? 」 では、ありません
雰囲気を出そうと和室ですが、本当は洋室だと思います


「 み~く~。頼むから、寝てくれよ~ 」

「 み~さぁ~。どうしたらいいんだよ ~ 」



 輝は眠い目を閉じて少しフラフラしながら、背中の未来のお尻をポンポンとあやす。眠いし疲れているしでツライが、未来も眠いのに眠れなくてツライのだろう。

暗い中に響く未来の泣き声がひどく不憫で、輝も悲しくなる。
「グ~」 っとハラも、切なく鳴った。


「 あ~、ハラ減ってきた 」


 さっきからどの位の時間、こうしていたのか。未来の世話で余り食事を摂れなかった輝のお腹は、グーグーだ。


「 未来もハラへったかなぁ 」


そう言えば未来は離乳といってもメインが食事というだけで、まだ母乳も飲んでいた。熱で食事が摂れない時、ぐずっている時 ・・・。


「 ・・・ ・・・ そうか! 」


輝は名案を思い付いた。しかし、それは ・・・。


「 でもなあ ・・・ 男のコケンが ・・・ 」
「 あーん、あーん
「 ・・・・・・ 」


輝は未来の泣き声に覚悟を決める。授乳用のU字枕を腰に装着すると、その上に未来を乗せて、しっかりと半纏でくるむ。

未知なる体験に、ゴクリ ・・・ と輝の喉が鳴った。


「 いくぞっ、未来 ・・・ 」






笑  笑  笑  しばらくお待ちください  笑  笑  笑





 輝のはボリュームもちろん、その機能でも未沙には遠く及ばず、未来が寝付いたと思い布団に運ぶと、まだ少しむずかる。横になり未来を胸に乗せながら授乳?すると輝も休めるので、そうする。



うつら うつら ・・・ 



「 ただいま~。輝ぅ~? 未来ぅ~? 」


 翌日大急ぎで仕事を終えて帰宅した未沙は、いつもなら「お帰り~」と未来を抱っこして迎えてくれるはずの輝が来ない事を不審に思った。そう言えばカーテンも開けられず、屋内は暗い。


「 寝室かしら ・・・ 」


寝室のドアを開けると、ベッドの上で大の字の輝と未来。


「 何も、こんなトコまで同じじゃなくてもいいのにね 」


未沙は笑いながら、オナカが出ている未来の上着のめくれを直す。
次に何故かいつも以上にまくれ、胸まで全開の輝のトレーナーも直す。


「 ん ・・・ みさ? おかえり ・・・ 」
「 ただいま。お留守番、どうもありがとう 」
「 ナカナカ寝なくてさあ~。ホント参ったぁ ・・・ 」
「 ふふふ。それで今まで寝てたのね 」

「 んんん~ 」

「 「 あ、オッキした 」 」

「 んまあ ・・・。ぱぁ ! 」
 ぱ・ぱぁ? み・み・み・みくぅ~~~!  


手を差し伸べ、初めて “パパ” と呼ばれた輝は、感無量!!


「 うふふ。未来はパパが大好きだものねえ 」


先に「まぁ」と呼ばれていた未沙は、余裕だった。


おしまい


あとがき

 輝の幼児プレイ ・・・ ではありません。オロオロする輝パパは、いかがでしたでしょうか? 私は笑顔万面で子供と同じになって遊ぶのもいいですが、どうしてあげたらよいか分からないけど、困って・子供が可哀想で、泣きそう ・・・ っていうのもイイナ~、と。

 未来ちゃんは「この位って、どんなだっけ?」なんて、思いながら書きました。声とか忘れてますね~。輝から大きな目、未沙から色白・亜麻色の髪・瞳の色、曾祖母から天パ、を受け継いだ設定。髪がまだ細かく描けないので、輝の髪型を参考にしました。ぼかしを入れて、柔らかそうに見えるかな?

 輝が着ている半纏は、偶然私の物と(多分)同じです。半纏を検索して気に入った色柄のパターンで作ったのですが、終わってから 「そう言えば ・・・」 と、気が付きました。後から背景を決めたので、光源と影の方向が違ってしまった ・・・。影の付け方も汚いし。でも全体的な色合いは好きな感じにできたし、色んなぼかし方を試せたので、満足です。

「Papa」 「Mama」
本当はどう呼ぶんだ? と調べてみる。

父 「パパ」 「ダッド」 「ダディ」
母 「ママ」 「マァム」 「マミィ」

英語で父・母は、正確にはfather, motherと言う。元々ドイツ語を語源として、英語に定着した言葉。papa mama (mamma) はラテン語から英語に入って定着した言葉で、日本語にも定着した。マァムも英語のmamaが基で、これが短く省略されて発音されたもの。19世紀ごろまではイギリスやアメリカでも上流階級をはじめ一般に使用されていた。ダッドはヨーロッパで昔から使われていた、子供が使用する「お父さん」の意味の言葉が語源。ダディマミィは、各々dad mamaの子供語。小児は最後の音節が短い単純な母音になる傾向があり、この性質によって変化した小児語。

と言うことで、一番赤ちゃんが言いやすくて字面 -じづら- が可愛いと私が思う 輝papa になりました。


輝papaの奮闘に1票を!
スポンサーサイト
拍手ボタン

 Comment 

11/1 00:29 拍手鍵コメ様 

内容別に分けてレスさせて頂きますね。

 複数回読んで頂いてるなんて、光栄です。優しくて甘えんぼで子供っぽい輝が好きなので、こんな感じになります。それが癒しになるなら嬉しいですね。リアルでも輝みたいな男の人がタイプかも知れません。

絵はまだまだ練習中で、自分流の画風をどういう方向にするか模索中です。おほめ頂きありがとうございます。  
お願いの件、教えて頂きありがとうございます。早速楽しませていただきますe-68e-266
コメント投稿覧
レス(お返事)は数日中にさせて頂きます。現在、トラック・バックは受け付けておりません
 公開する場合、コメント下「URL」からリンクが可能になります
 レスを非公開でご希望の場合、その旨とアドレスを記入下さい

 半角英数 設定すると、投稿後に修正・削除が可能です
 管理人のみに表示:  チェックすると、記入内容全てが他の閲覧者には見えません
 ※ 現在、非公開コメントの投稿は可能です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。