QLOOKアクセス解析

白い薔薇によせて



いらしゃいませ。現在の閲覧者  名さま

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手ボタン

ブロガーへのメガ・ロード(ブログのレベルUPレコード)

「拍手を楽しく ♥」 & 「今、パソコンが熱いぜ!」

拍手ボタンを充実させたく作業する。 … PCが燃えてきたぜ!

疑問が2点、発見が1点。


※マクロスについては、少~しだけ出ています。興味がない方は、遠慮なくスルーして下さい。






・自分で用意したボタンを使えるらしい。素材サイトをちょっと見るも、あふれんばかりの情報量に目を回す。後日にする。

・例えオリジナルでなくとも、お礼画を入れたい。
しかし何故か画像のアップロードができない。警告「全角文字、特殊記号はファイル名に使用できません。 」
マニュアル探して行きついた処によると、基本装備「FC2ブログ拍手」と無料オプション「FC2拍手」があるらしい。しばし手間取り、今はオプションのが基本装備になったのでは?との推測に至る。手間かけさせやがてとプンプンする。

警告に従った入力をしたつもり。「sirobara to sora」×、スペースなくして同つづり×、空欄×。いずれも警告は同じ。取り込む画像が大きい?確認するも問題ない。マニュアル・QA・掲示板など見るも不明。
問い合わせフォームを探すも、案内に従っているつもりが、いつも同じ所(http://support.fc2.com/)に行きつき、結局不明。どうしても、問い合わせ対応したくないのか?と他人のせいにする。
・この際、拍手お礼の作業ページに、手持ちの画像を小さくできるスキルを発見。これであきらめていた画像が使える。大きくするのもあればいいのに。

①上記の解決方法か、問い合わせフォームを、どなたかご存知ありませんか

6/17追記:問い合わせフォームは、「サービス別 ガイド一覧とお問合せ」の右端にある水色の封筒絵をクリック

6/27  :取り込む画像ファイル名に、全角文字・特殊記号×。取り込んだファイル名には○  


ちょっと使っただけでも、ノートPCがすごく熱くなる。何となく動きが悪くなっている気もして、それと前にどなたかが「夏にオーバーヒートしてPCダメにした」ようなことをおっしゃっていた気がしたので、冷やしてみる。

アイスとかの保冷剤2個を、濡れたフキンでくるみ、PCの下の熱くなっている所に敷く。開口部がないから、濡れているものが当たっても大丈夫だろう。保冷剤が温まると、濡れフキンと相まって余計に過熱するかもしれないので、こまめに代える。

しかしPCが傾くので、反対下に厚みを入れる。手近なところで「遥かなる想い」「マクロス・ラブ・ストーリー」「おぼえていますか」の3冊で手を打つ。保冷剤が柔らかくなって薄くなってきたので、「おぼえていますか」を抜くも、まだ高い。「遥かなる想い」を抜くとイイ。

何度もキーボードタッチミスを繰り返す。キーを押したつもりでも、角度が悪いせいで浅いのか、押されていないことが連発。自分の入力ミス癖とも重なり、1分くらい?かかったことも何度か。PCのかすかなグラグラ感にもイライラする。

こんなことをブログ作成するようになってから繰り返す。

そもそも冷やすことは必要のか?他のよい方法があるのか?

6/27追記:私の入力ミスだけでなく、ブログ自体の入力反応が遅く、タッチしたキーに反応しないため。ひとつひとつ遅めに入力 or ワードで作成後にコピペ or 反応が悪い時を避けて作業する。


PC過熱は放置して大丈夫なのでしょうか。私の使い方が問題で過熱するのでしょうか。マズイとしたら、過熱しない・冷やす方法がないでしょうか。


        はじめに


どなたかご存知なら、教えて頂けると嬉しいです。返答の方法がコメ欄でマズかったら、ご希望の方法を教えて下さいませ。


スポンサーサイト
拍手ボタン

 Comment 

アドバイスありがとうございます 

丁寧にURLまで…。あちがとうございます。
今、記事書きまっ最中なので、今度ゆっくり…。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメント投稿覧
レス(お返事)は数日中にさせて頂きます。現在、トラック・バックは受け付けておりません
 公開する場合、コメント下「URL」からリンクが可能になります
 レスを非公開でご希望の場合、その旨とアドレスを記入下さい

 半角英数 設定すると、投稿後に修正・削除が可能です
 管理人のみに表示:  チェックすると、記入内容全てが他の閲覧者には見えません
 ※ 現在、非公開コメントの投稿は可能です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。